いつものおでかけのお供に!写真を撮るのが楽しくなる、「鬼滅の刃 ともぬい~弐ノ型~」って?

2020/08/28

こんにちは!美日和アンバサダーのりんむーです。

生活様式が様変わりしてしまった今年の夏。おうち時間が長くなり、外へ出掛けるのもご近所のみで、クサクサしていた私ですがとある新商品の登場にとっても心をときめかせています!

その新商品は、「鬼滅の刃 ともぬい~弐ノ型~」!

鬼滅の刃 ともぬい写真

「鬼滅の刃」は、原作コミックスが累計発行部数8,000万部を突破し、アニメは国内外で大ヒット、10月には劇場版映画の公開を控えている人気作品。私も大ファンで、続々と発売される新作グッズのおかげでまだまだ熱が冷めそうにありません!

「鬼滅の刃 ともぬい~弐ノ型~」の“ともぬい”とは、“おでかけのお供に!いつでもどこでも一緒にいよう!”の想いを込めたフォトジェニックなぬいぐるみシリーズのこと。全長約15cmという、手のひらにぴったり収まる満足感のあるサイズながら、一緒におでかけするのに場所を取らない大きさが魅力的なの。

ラインナップは、主人公・竈門炭治郎を支える同期隊員の「我妻善逸」「嘴平伊之助」「栗花落カナヲ」の3人! 

善逸といえば泣きべそ顔や困った顔、目を閉じた居合姿のイメージが強いけど、今回の「ともぬい」の善逸はちょっと違う。キリッとした眉と、勇ましく笑っている顔がかっこいいんだ~!

髪や眉、羽織のグラデーションも再現されていて、風ではためくのもときめき度高し!

伊之助は、猪頭を取った姿でニカッと笑う、勝気な表情がポイント。猪頭も肩に掛けているので両方楽しめるのがファンとしては嬉しい!

個人的な萌えポイントは、恐らく本人としては不本意な、でも隠しきれない美貌がまつ毛の長さに現れているところ。伊之助の美しく、猛々しい姿が楽しめます!

同期組の紅一点・カナヲのともぬいは、まず装飾品の再現度に驚きます! 蝶の髪留めや羽織の紐飾り、ブーツの紐などが細かく再現されているほか、刀の鞘にはうっすらと梅の花の文様まで見えるじゃありませんか…!

ミステリアスな美少女らしい穏やかな微笑みを浮かべた表情も、原作やアニメを履修したファンからすれば、様々なことを経たうえでの微笑みなのかな…など、いろんなシーンが脳裏を過ぎりますね♪

そんな「鬼滅の刃 ともぬい~弐ノ型~」には、全種ボールチェーンが付いているのでバッグやポーチに付けて一緒におでかけできるのが醍醐味。

おでかけ先で良い撮影スポットを見つけたら、写真を撮ってSNSに上げるという楽しみ方も!

「鬼滅の刃 ともぬい~弐ノ型~」は、全国のゲームセンターにてクレーンゲームのプライズ商品として登場予定! 7月に登場した「鬼滅の刃 ともぬい~柱登場編~炎柱・水柱・蟲柱」(煉獄杏寿郎、冨岡義勇、胡蝶しのぶ)、生産の都合上9月に登場する「鬼滅の刃 ともぬい~壱ノ型~」(竈門炭治郎・竈門禰豆子・不死川玄弥)にも注目してね!

詳細はこちら♪
https://bpnavi.jp/s/toru/pc/prizes/82179

※「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記となります。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

このキャラクターの他の情報も見る