【『美少女戦士セーラームーン』の聖地をめぐる 〜麻布エリアぶらり散歩<前編>】

2014/11/13

[2014/11/13]



こんにちは、次女のりよです。

この前、天気がよかったから、三姉妹そろって東京都港区にある麻布十番を散歩してきたの。
麻布十番といえば……そう、言わずと知れた『美少女戦士セーラームーン』の聖地と呼ばれる場所☆ セーラームーン大好き姉妹(私が一番だけどね!)、みんなで行ってきました♪

麻布十番は、作者の武内直子先生ととてもゆかりのある街なんですって。作品に登場する学校や公園、お店など、その多くが麻布エリアをモデルとしているのはそのためなのね。

そんな麻布エリアでは、10月15日から31日まで、『美少女戦士セーラームーンCrystal』初回限定豪華版Blu-ray第1巻発売記念として、麻布十番とコラボしたスタンプラリーが行われていたんだって! どうせならそれに合わせていこうと思っていたのだけど、みやび姉とかおりの都合が合わず……(泣)。

ではでは早速、広尾駅から麻布十番駅方面に向かってお散歩スタート!

---
スポット① 原作初登場のちびうさが逃げ込んだ、「有栖川宮記念公園」



まず訪れたのは、原作で初登場したちびうさが逃げ込んだ「有栖川宮記念公園」(地図①)。

この公園、広場もあれば噴水や日本庭園、運動場なんかもあって、とにかく広い! カップルや親子連れも多くて、都内とは思えないくらいのどかな雰囲気の素敵な公園だったわ♪

敷地内には東京都立中央図書館があって、この図書館で亜美ちゃんはきっと勉強していたんじゃないかな♪ こんな落ち着いた環境のなかにある図書館でなら勉強もはかどりそうだわ。

【有栖川宮記念公園】
■港区南麻布5-7−29
豊かな自然や美しい日本庭園を誇る公園。明治29(1896)年に有栖川宮威仁親王の栽仁(たねひと)王新邸造成の御用地となった。有栖川宮熾仁親王騎馬像が公園のシンボル。

---
スポット② 『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3話「レイ-SAILOR MARS-」で登場したバス停「仙台坂上」と交差点


公園から麻布十番方面に向かって歩いていくと見えてきたのは、仙台坂上の交差点とバス停(地図②・写真②)。
ここは、『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3話「レイ-SAILOR MARS-」で登場した場所。初登場の火野レイちゃんがセーラーマーズに変身する記念すべき回でもあるのよね。


---
スポット③ 火野レイちゃんの自宅「火川神社」のモデルになった「氷川神社」


仙台坂上の交差点からすぐの場所にあるのが麻布氷川神社(地図③)。
ここは火野レイちゃんの自宅「火川神社」のモデルとなった神社としてとても有名よね。

神主さんに聞いたところ、武内先生もむかし訪れたことがあるのだとか。
アニメ放映以来、多くのファンが全国から訪れ、最近は外国から足を運ぶファンも見られるんですって。

この前のスタンプラリーでは、お子さん連れのママや男性など、さまざまなファンの方が訪れたそう。『美少女戦士セーラームーン』時代からのファンがほとんどだったようで、「20年前にタイムスリップしたようで嬉しい!」と喜んでたんですって。

ちなみに麻布氷川神社と赤坂氷川神社があって、今回訪れたのは原作のモデルになった方。 少し足を伸ばして、アニメ版のモデルになった赤坂氷川神社に参拝に行くのもオススメよ♪

【麻布氷川神社】
○港区元麻布1-4-23
天慶5年(942年)、源経基により建てられた、江戸氷川七社のうち最も歴史の古い氷川社。神社には素戔嗚尊(すさのおのみこと)、日本武尊、港七福神の毘沙門天が祀られている。縁むすびや勝運、仕事運などのご利益がある。
---


中編と後編では、麻布十番の美味しいお店や素敵なスポットが登場します。お楽しみに!

このキャラクターの他の情報も見る